[30代]私が老けて見られた原因。ボリュームがない髪の毛・抜け毛の対策

久しぶりの美容系記事です。

先日、久々に会った姪っ子。

10歳近く年の離れた兄の子なのでもう高校生なのですが、メイクも上手だしおしゃれにも敏感で叔母バカながら本当に可愛い。若さ溢れるエネルギー。

私が高校生のときに誕生した姪っ子なので、小さい頃は姉妹感覚・今でも友達感覚で何でも話します。

そんな姪っ子が、久々に会うやいなや悪びれる様子もなく言いました。

「NAMIちゃん久しぶりー!あれ?

なんか老けた?顔疲れてる?」

ガーーーーーン。

開口一番そんなこと言わんでも(ノД`)・゜・。

出産してから自分のケアをほとんどできていないなあとは思いつつ、周りにそこまではっきり言う人がいなかったので自分の見た目にかなり甘くなっていたことは認めます。

けど、ここまではっきりと言われると・・・ショック。

たしかに最近、今までの服や髪型が似合わなくなってきて「変化」を感じてはいたところ。

鏡を見るのも楽しくなく、「何かしなくちゃ」と思っていたところではあるんです。

可愛い姪がせっかく指摘してくれたので、これをきっかけに今回私は自分の「老け」と向き合ってみることにしました。


30代女性・見た目の変化 

女性が30代を迎えると「急に痩せにくくなった」とか「シミが増えてきた」「疲れやすい」など今までにない変化を感じることが増えてきます。

「基礎代謝の低下」ということが主な原因として考えられやすいですが、厚生労働省が出しているデータによると女性は実は12-14歳頃をピークに基礎代謝は低下し始めているのです(男性だと15-17歳頃がピーク)。意外と早い!

もちろん、「なんだか老けたなあ」と感じるタイミングは人それぞれなので20代で悩む人もいれば「一度もそんなこと思ったことない」という美魔女もいます。

ただ、多くの女性が30歳を迎えたころから「なんか今までと違う」と感じるのはきっと結婚・出産・育児などによる生活リズムの変化、ストレス、過去の悪習慣の蓄積などが浮かび上がってくることが理由としてあるのではないでしょうか。

と言っている私 NAMI が一番、30代を迎えて「なんか老けた」と感じている当事者なわけです^^;


私が老けて見られた原因

30代前半で結婚・出産を経験した私。

慣れない育児に毎日くたくたになりながら、

・美容院は半年に1度行けるかどうか

・ゆっくりトリートメントをする余裕もないしヘタすりゃリンスインシャンプー

・お風呂あがりはオールインワン化粧水をパパっと塗るだけ

・ドライヤーせずに自然乾燥のときも

・ご飯は子どもが残したものをテキトーに・・

冷静に考えるとひどいもんですが、こんな毎日が当たり前になっていました。

実は夫が美容師なので整えてもらおうと思えばいつでもできるのですが、お店が自宅から遠いのでなかなか行く気になれず、、かといって家でやってもらうには子供がいるのでなかなか難しくて、、という状態でした(美容師の妻という立場なのに髪の毛の手入れを怠る私に夫もややあきれ気味^^;)。

今回姪っ子に老けて見られた理由として肌・体型・表情・服装など色々あるとは思いますが、

一番大きいのはたぶん

髪の毛

だろうと思っています。

自分でも薄々感じていたのですが、

シャンプーしているとき、ドライヤーしているとき、髪をとかしているとき、

排水溝に流れていく大量の髪の毛、

掃除機をかけると大量に吸い込まれていく髪の毛、

こんなに抜けて大丈夫なの?と、心配になるほど。

そして、元々毛量が多い方だったのですが、少しずつ生え際が薄くなってきた気がするのに加え、髪の毛そのものが細く、コシがなくなったと思うように。

「薄毛」というにはまだ早いけど、「以前とは違うなあ・・」と一番感じていたのが髪の毛だったんですね。

「髪は女の命」なんて昔から言われていますが、はじめてその重要さを感じます。

髪の毛って大切。。


ボリュームがない髪の毛の原因と対策

抜け毛が多くボリュームがなくなってきた私の髪の毛。

抜け毛や髪の毛に元気がなくなる一般的な原因として


加齢・ストレス・食生活の乱れ・喫煙・紫外線の浴びすぎ・過度なヘアカラーやパーマ・女性ホルモンの関係・頭皮の汚れ・睡眠不足


などがあげられるようです。私もいくつか心当たりあり。

美容師の夫にもアドバイスをしてもらい、以下のことを試しました。


・シャンプー前にブラッシングをしてお湯だけで1~2分洗う

・自然乾燥はNG。しっかりドライヤーで乾かす

・ストレスのままに食べていたお菓子類を控える(適度に食べる)

・子どもが寝た後のスマホを控えて睡眠もしっかりとるようにする


どれもこれもほんのちょっとしたことです。

基本は「正しい洗髪」と「生活習慣の見直し」だということ。

面倒くさがり屋の私ですが、ちゃんと目的をもって意識すればどれもそんなに苦じゃなくできるました(子供のイヤイヤ期ピークを過ぎて少し気持ちに余裕ができたこともあり)。

これだけのことでも、2週間もすると少し調子よく感じるように・・!

まずはできることから地道に続ける


50・60代、髪の毛の悩みは?

下記のデータはアデランスで行われた、 インターネットによる『ヘアケアに関する意識調査』(2017年8月16日〜8月17日) で、 全国20〜60代の女性515名を対象に行われたものです。

出典: 【ヘアケアに関する意識調査vol.1】髪の悩みの分岐点(女性編)
|カミわざ

「あなたの髪に関する悩みで、あてはまるものを全てお答えください」という質問に対しての回答。

赤枠で囲われている部分とは別に、私が気になったのは年代が上がるとともに増え60代になるとベスト3ともなる悩みが「白髪」「ボリュームがない」「薄毛」という点です。

イメージとしてはあたり前といえばあたり前なのかもしれないけど、

このままだと私も、このアンケートの例にもれず50代くらいでボリュームの無さに深刻に悩む姿が目に浮かぶなあと・・

さすがに何かもう少し専門的なケアが必要だなと思わざるをえないのです。。

でも、なにしよう?

ヘッドスパに通ったりできれば最高だけど、そこまで時間的にも金銭的にも余裕ないし・・


そこで、夫にも軽く相談してみました。

すると、夫からは私が考えてもみなかった提案をされることに。

夫「基本的には今気をつけているように洗髪の仕方や食生活・生活習慣の意識を続けることだけど・・・」

こちらに続きます!