ミネラル成分[ケイ素(シリカ)]とは?おすすめサプリ紹介

先日、数年ぶりにお会いした40代の知人女性。もともと綺麗な方なのですが、数年前よりものすごく若返っていたので驚きました。

ご本人も

「肌と髪の毛だけは20代に間違われる♡」

なんて自身満々に言っちゃうほど。

その秘密をさぐると、3年前からケイ素サプリを摂取しているというんですね。

実は私 NAMI 、出産前は某サプリメントメーカーに勤めておりました。ですので、数年前に大ブームになった酵素ドリンクや腸活系サプリメントの選び方についてはもちろん、「実際どうなの!?」と言われていることの多い水素水や今回ご紹介するケイ素についても自分なりの見解があります。

そして、この知人女性に3年前ケイ素サプリをおすすめしたのもわたしでした(笑)

あれもこれも試してみたくなる飽き性のわたしと違い、この方はせっせとケイ素サプリを摂取した結果(もちろん他にも色々気を付けているでしょうけど)数年前とはあきらかに違うお肌と髪の毛になっていたのです!

ケイ素については、サプリメントを摂取することで私自身も変化を感じましたし、なによりも周りにケイ素を摂取している40代50代の超美しいお姉さま方が沢山いたのでその力を信用していますしおすすめもします。

今回はそんなケイ素について詳しくご説明させていただきます!

ケイ素はこんなお悩みにおすすめ

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、地球上では酸素に次いで多い元素で
私たちの身体を構成する大事な成分のひとつだということをご存知でしたか?

☑溜め込みがちでスッキリしない

☑最近髪の毛に元気がなくなってきた

☑健康的な美しさを保ちたい

☑自然な若々しさでハリのある毎日を過ごしたい

☑家族の健康が気になる

☑美しい髪の毛や爪でいつまでもおしゃれを楽しみたい

・・・こんなお悩みが、ケイ素でサポートできるかもしれませんよ♩

私自身もケイ素を取り入れていたときは

・お通じが良くなり気付けばお腹のぽっこりが解消されていた
・肌に透明感とハリが、髪の毛にツヤが出てきた
・大きく体調を崩すことがない

など多くの変化があり、想像以上のパワーに驚きました!
 

そもそもケイ素とは?

元々は医療業界で数々の難病を克服する可能性を秘めている成分としてケイ素は注目を浴びてきたそうです。

ケイ素というのは元素番号14番にあたる必須ミネラルです。

冒頭でもお話ししましたが、地球上においては酸素の次に多い元素で
土や岩などに含まれ地球を構成する主要成分なのです。

食物でいうと穀類・海藻類・イモ類などに多く含まれています。

医療先進国ドイツではケイ素が第4の栄養素として位置づけられ、ケイ素サプリは定番商品として50年以上に渡り親しまれているそうです。

また、美容大国のアメリカでは今、セレブの間でコラーゲンよりもケイ素が選ばれているとか。

そんなケイ素は私たちの身体のなかで 肌・髪の毛・骨・歯・爪・血管・脳・筋肉などあらゆる組織に存在する非常に重要な成分なのです! 

例えば、美肌に欠かせないコラーゲン。これをしっかり束ねて支えているのはケイ素。

妊娠線予防クリームなどの主成分として使用されることの多い「シラノール」も、実はケイ素で構成されているんです。

例えば、密度の高い丈夫な骨。ここでもケイ素が接着剤の役割として存在します。同様に、髪の毛や爪にも多くのケイ素が含まれていることが分かっています。

その他、高い抗酸化力・デトックス効果・血管の強化なども期待でき、実際にケイ素サプリを取り入れている方は

「長年苦しんだ便秘が解消された!」
「特に運動もしていないのに2ヵ月で体重が-5kg!」
「肩こり、頭痛など不調がなくなった!」
「肌の調子がみるみるよくなりファンデーションが不要に!」

など、数々の嬉しい変化を感じているようです。(あくまで体感された方の個人的な感想です)

ケイ素が足りていないとどうなる?

ケイ素は年齢と共に減少し、外からの摂取で補うことが必要な必須ミネラルです。

年を重ねる毎にお肌のハリが失われたり
髪の毛に元気がなくなったり
爪や骨がもろくなるのを感じたり
排泄がスムーズにいかなくなったり
いまいち体調がすぐれなかったり…

このような現象はケイ素不足がひとつの要因として考えられます。
 
つまり、ケイ素は体内の足りていない部分は補い・不必要なもの(老廃物)は排出し私たちの身体を本来持つ自然な状態に保ってくれる心強い味方とも言えます。

美容やダイエット目的での摂取ももちろんオススメですが、
家族や大切な人のためにも、積極的に取り入れたいですね^^
 
 

ケイ素の取り入れ方は?

ケイ素は穀類・海藻類・イモ類などに多く含まれているので、基本的には食品で摂取できればベストです。

ただ、食事が不規則になりがちな方や確実な方法でケイ素を摂取したい方はサプリメントが便利です。

サプリメントの場合、決まった摂取量はありませんが1日10ml前後を目安にドリンクやお食事に数滴混ぜながら摂ります。

入れすぎると少しクセのある味になってしまう可能性があるのでほどほどに。

ホットコーヒーなど温かいものでもOKです。

その他、わたしは

・普段使いの化粧水に数滴混ぜて透明感UP
・シャンプーに混ぜて髪の毛サラサラつやつやに
・ケイ素を数滴混ぜた水に野菜を数時間浸しておくことで新鮮に

なんて、色々と楽しんで取り入れていました♩
(お肌に不安のある方は必ずパッチテストをしてからお試しください!)

ケイ素サプリの選び方とおすすめ

知れば知るほど気になるケイ素・・!

実際に、数多くあるケイ素サプリの中から
しっかりと体感できるものを選ぶ際のポイントをご説明します。

ポイント①水溶性であるかどうか

ケイ素サプリメントには錠剤タイプ・ゲルタイプなど様々ありますが、
効率よく体内で吸収させるためには水に溶けだしている状態=水溶性であることが重要とされています。
ケイ素の力をしっかりと体感するには水溶性のものを選びましょう。

ポイント②価格は適性か

ケイ素サプリメントを調べていくと「umo(ウモ)」というワードに多く出会います。
「umo®」というのは、水溶性ケイ素原料の代表的な老舗ブランドで、
原料調達から製造・商品化まですべて日本で行われている、日本製の機能性素材であり多くのドクターが所属をする「日本珪素医科学学会」の承認品です。
この原料を元に多くの水溶性ケイ素商品は製造・販売されています。
そのため、水溶性ケイ素商品は多くあるものの基本的には同一の原料の元に作られています。そして、販売価格の設定にも一定のラインがあるそうです。


水溶性ケイ素商品の価格って似たりよったりなんですよ実際。

つまり!逆に考えると、

極端に低価格のものは類似商品であることが考えられますので避けましょう。
せっかく取り入れるのであれば、安心の国産原料・学会承認品が良いですよね。

上記を踏まえたうえで、オススメはこちらです

水溶性濃縮珪素 レクステラ(Rextera)

私がずっと飲んでいたのはこれ。クセも無く飲みやすいです!

初回購入キャンペーンもやっています。

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

久々に再会した知人女性に刺激を受け、わたしも久々にケイ素生活復活しようと思いました!

皆さんもこの機会にぜひ♩